佃煮
手作り佃煮

商品 (商品一覧と価格はオンラインショップでご確認下さい)

鰹(かつお)のうま煮

 

鰹のうま煮

 

刻んだかつおを旨みを損なわないようにあっさりとした薄味で炊き上げました。
素材の旨みを充分に活かした商品です。

まず炉の大角煮(佃煮)

 

まぐろ大角煮

 

厳選したまぐろを大きくぶつ切りにし、燻して旨みを封じ込めてから甘辛く炊きあげました。
少し甘めの味付けがお子様からお年寄りまで喜ばれる一品です。

日高屋音オンラインショップ(佃煮)

本能寺の変の徳川家康が岡崎まで逃げ帰る道中摂津国の佃村、道中食・兵糧として小魚煮の提供を受ました。日持ちも良く、体力維持にも素晴らしい効果を発揮したことで、気候の悪い時期に人里離れた海路や山道を通って無事戻れたのです。

佃煮に感心した徳川家康は腕の立つ漁師を江戸に呼び寄せ、隅田川河口・石川島南側の干潟を埋め立てて住まわせました。これが、現在の東京都中央区佃島です。

佃煮は、すつかり江戸の人気ものになりました。しかし、このころはまだ高級美味珍味としての食通の方の口にだけというものでした。

また、参勤交代の武士が江戸の名物・土産物として各地に持ち帰ったため全国に広まったとされます。江戸の食文化の一つと言えるのではないでしょうか。

佃煮のイラスト

つくだ煮は調理をせずに食卓に上る常備菜として手軽に食べられる点で現代人の生活に合っているといえます。

 一方では、食の匠が丹誠込めて仕上げた素晴らしい佃煮が沢山あり、美味逸品に値します。

かの北大路魯山人が究極のお茶漬けの話の中で、京都のごりの佃煮を上げています。ごりは京都の河魚で、たくさん獲れないため、高価なのですが、わざわざ佃煮にして、お茶漬けで食べるという話です。


このように全国に製法が広がった為、どこの地方にも、独特な材料と味の佃煮が存在します。小魚に始まり、エビや貝、海藻、山菜やきのこ、牛肉にいたるまで、様々な材料に広がっている食べ物ってすごくないですか? 

作り方も材料も、こんなに種類の多い佃煮が私は好きです。江戸時代の心の豊かさを感じませんか? 全国いろいろ食べ歩き、美味しいと思ったものを取り寄せています。皆様も究極の常備惣菜として、試されることをお勧めしたいです。

社長の一言

社長の一言

日高屋音オンラインショップ(佃煮)