商品 (商品一覧と価格はオンラインショップでご確認下さい)

伊豆漁港

 

桜えび

駿河湾産の桜えびです。

とりたてを瞬間冷凍しているので鮮度抜群です。

かき揚げのほか、レモンを搾るだけの生が美味しい。 

伊豆漁港

 

しらす

浜松特産の舞阪産しらすです。

少し風にあてて干したもので、さらさらとして扱いやすく干したぶん旨味が凝縮されています。

日高屋オンラインショップ(しらす・桜えび)

遠州灘のシラス漁は古くから行われており、1739(元文4)年当時すでに漁網が発達していたことがうかがえる文書が残っています。

サクラエビ漁の歴史は以外に浅く、明治27年に由比の漁師が、アジの網引き漁をしていたときに網が深く潜ってしまい、そのとき偶然にも大量のサクラエビが捕れたことが始まりとされています。

静岡県だけが営業許可を認めているので、国内の水揚げは100%駿河湾となります。ちなみに桜えび漁の許可証をもつ船は、この地域合計でも 120隻しかありません。


シラスとはマイワシ・カタクチイワシの稚魚のことで、漁期は321日~翌年の114日まです。初夏から秋にかけてが中心です。

桜えびは深海に生息する小型のエビで、漁期は4月から6月までと10月から12月。年間6か月です。


遠州灘は、天竜川や浜名湖河川水の流入量が多く、プランクトンが発生しやすい環境です。黒潮にのってやってくるシラスは、プランクトンを食べる為に群れとなって遠州灘に集まってきます。

駿河湾の海底は、陸上近くまでえぐられたような非常に深い地形になっています。この地形こそ桜えびの生育に適していているのだろうと思われます。



しらすも桜えびも、漁場が漁港から近いことが静岡の海ならではの特徴の一つです。近くの漁場で獲り、瞬時に大量の氷で締めるとすぐに帰港して水揚げします。獲れたてピチピチ、プリプリの食感で味わえるのは静岡の自然環境のおかげです。

社長の一言

 

 

桜えびは、駿河湾でしか取れないという恵まれた地の利のおかげで最高級品をお届けできます。しらすは、遠州灘特有の透明度高く、見た目も美しく日本一の味と質を誇ります。もちろん店でも好評ですが、オンラインショップを通して全国の皆様にもぜひ味わっていただきたいと思っています。


日高屋オンラインショップ(しらす・桜えび)